無料設計相談会のご案内

おしらせ

月1回程度設計相談会してます。

無料設計相談会

おうちの悩みや相談事を、建築家に気軽に相談できる場ということで 月に一度、家具屋さんの一角をお借りして

無料設計相談会

無料設計相談会を行っております。
建築家自ら企画・参加し、無料設計相談会を、開催しています。
おうちを考えている建て主さんが建築家へ気軽に相談が出来る足掛かりになればと思っております。

お願いがあります

業者様メーカ-様へ

いつもお仕事ありがとうございます。
各業者様 各メ-カ-様から商品PRにてアポイント依頼での連絡やアポイントなしで来社をいただいております。
普段の業務や現場や打ち合わせで外出等でなかなかお時間をお取りすることが難しくなっておりご迷惑おかけしております。
そこでですが月一度 おうちの相談カフェ にて設計相談会を行っております。当方の勝手なお願い、また皆様の休日ではございますが、その日であれば比較的お時間を割くことは可能でございます。また事務所という環境下でないためお互い緊張感なくお話しできるかと考えます。
アポイントのご連絡も不要で、突然でも一向にかまいませんので、お越しいただければ幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
 また SEOの勧誘 WEB製作の勧誘でお電話いただいておりますが、すべてにおいてお断りさせていただいておりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

パッシブハウスジャパンのサイトをご覧になられた方へ

パッシブハウスジャパン

弊社は2021年にパッシブハウスジャパンの会員になりました。
ホ-ムぺ-ジのメニュ-にある

仕様について

という項目がありますがこちらについては弊社が普段設計監理している仕様になり、パッシブハウスの仕様異なります。
パッシブハウスでは 年間暖房負荷向上のため 断熱 気密の性能を向上しております。パッシブハウスにおいては、断熱気密性能は高くなりますのでご了承のほどよろしくお願いいたします。
日本において昭和から平成中旬にかけては断熱という概念はメジャ-ではありませんでした。昭和から平成のバブル期には施工が重視されており、阪神大震災があった際には構造が重視されてきました。昨今低炭素社会を目指すということで脚光を浴びてきております。自分は学生時代当時メジャ-でもなかった環境工学の湿気の研究をしており、断熱については身近に感じております。
しかしながら建物の断熱気密の性能が高いことがすべてとは考えておらず一つの選択肢と考えております。当然デザインも大事であり 構造も大事であり建物を建てるうえにおいてはいろいろなファクタ-が絡んできて何を重要視するかのという考えにつきます。また、断熱性能が高いことはメリットしかありませんが、気密が高いことや、空調機が少ないことによる弊害もあります。
それを踏まえたうえで、一つの選択肢として考慮してくださればありがたいです。

今後弊社なりのパッシブハウスについてはまとめていこうと考えておりますのでご愛顧よろしくお願いいたします。

もっと家に頼ろう
おまたせしました欲望だらけのエコ

てがけた建物

知多の家
新築 事務所併用住宅
木造2階建て
只今準備中です 
4つの切妻の家
新築 すまい
木造2階建て
延床面積 
130.31㎡
triangle-house
新築 すまい
木造2階建て
延床面積 125.35㎡
KI-HOUSE
リノベーション すまい
木造2階建て
延床面積 147.74㎡
みらい-喜んと木
障害福祉サ-ビス 生活介護
木造2階建て
延床面積 157.51㎡
iii
新築 すまい
木造2階建て
延床面積 128.34㎡
eel
新築 すまい
木造2階建て
延床面積 86.92㎡
BEAK
新築 すまい
RC+木造 3階建て
延床面積 121.50㎡
上条の家
新築 すまい
木造2階建て
延床面積 159.92㎡

最近の投稿

設計士さんと家をたてよう

シンプルでナチュラルなすまいや、福祉施設
などの建築設計監理を主な業務としている
愛知県名古屋市の建築設計事務所です。 
随時無料設計相談をうけたまわっております。
すまいをご検討するにあたりお客さまの
 タイプや、期間、敷地の状況、規模、ご予算
によってハウスメ-カ-がよいかもしれない
し、地元の工務店がよいかもしれません
また、我々のような小規模で営んでいる
設計事務所がよいかもしれません。
ざっくばらんに、一度ゆっくりお話を聞かせて
いただければ幸いです。
尚、ファ-ストプランニングをご希望される
お客様は、可能な限り敷地の資料を
お持ちしていただけるとありがたいです。

わたしのこと

建築を学び建築の仕事をするようになってから
すでに30年の月日が経とうとしています。
人の住む住宅建築は長距離マラソンのように苦しく
大変なものだと感じています。
でも、最後、やっと、完成して写真撮影するとき、なんともいえない、安堵感に包まれます。

いごごちのよいばしょ

素材のぬくもりは肌に伝わり、五感を満たしてくれる。
季節の移ろいで変化する光と影は、自然で美しい空間を我々に
与えてくれる。
対話の中から考えだされた間取りは、なにかしら人間味を帯びている。

「 いごこちのよいばしょ 」 
 をお客様とともにつくりたい。