みらい
  • kengoimaikengoimai
  • 2018年9月8日
READ MORE
iii
  • kengoimaikengoimai
  • 2018年3月1日
READ MORE
BEAK
  • アバターkoji
  • 2017年6月3日
READ MORE
上条の家
  • kengoimaikengoimai
  • 2016年11月12日
READ MORE
柊山の家
  • kengoimaikengoimai
  • 2009年8月19日
READ MORE
設計士さんと家を建てよう

随時無料設計相談をうけたまわっております。

すまいをご検討するにあたり
お客さまのタイプや、期間、敷地の状況、規模、ご予算によって
ハウスメ-カ-がよいかもしれないし、地元の工務店がよいかもしれません
また、我々のような小規模で営んでいる設計事務所がよいかもしれません。

ざっくばらんに、一度ゆっくりお話を聞かせていただければ幸いです。

尚、ファ-ストプランニングをご希望されるお客様は、可能な限り敷地の資料を
お持ちしていただけるとありがたいです。

てがけた建物

みらい

K-HOUSE

iii

BEAK

eel

上条の家

わたしのこと

建築を学び、建築の仕事をするようになってから、すでに30年の月日が経とうとしています。
 
人の住む住宅建築は長距離マラソンのように苦しく大変なものだと感じています。
でも、最後、やっと、完成して写真撮影するとき、なんともいえない、安堵感に包まれます。
このときやっと、報われた感になります。

素材

僕が幼少期に育ったのは、土間や離れがある土壁の日本家屋だった。
そこには、素材本来のぬくもりがあります。
建築には、人と空間と素材をつなぎ合わせます。
そんな素材は、シンプルに使用したい。

時間

新緑からこぼれおちるひかり
おおいしげる樹木の足元の静けさ
落葉した樹木からそそがれるあかるい陽射し
建築という人工物のなかで、移ろいゆく時間を表現したい。

対話

思いは誰かに語ることで、具体化していく
その思いを描く対話の時間は、まるで魂を交換する作業。
対話から感じるエネルギ―や言葉の背景に思いをめぐらせ
住まい手の ここちよさ を形にしていきます

いごこちのよいばしょ

素材のぬくもりは肌に伝わり、五感を満たしてくれる。
季節の移ろいで変化する光と影は、自然で美しい空間を我々に
与えてくれる。
対話の中から考えだされた間取りは、なにかしら人間味を帯びている。
「 いごこちのよいばしょ 」 をお客様とともにつくりたい。

最近の投稿

お客様の声

尾張旭市 K様
春日井市 A様

できあがるまで

KI-HOUSE

弥富市でリノベ-ションしています。
2017年6月~

SU-HOUSE

西尾市で注文住宅をしています。
2016年12月~

みらい

長久手市で福祉施設をつくってます。
2015年9月~