NA-HOUSE 定例です 2/11

  • -
    コピー

愛知県において緊急事態宣言が延長になってしまい・・・
12日に解除の希望もたたれてしまい、ショックを隠し切れませんが
そんなことばかり気にしていたら、後ろ向きになってしまうので
あんまり考えないようにしています。

さて知多市のNA-HOUSEですが、床張りもおおむね終了し
階段をかける段取りにしています。

文章で書くとわかりづらいのですが・・・
親桁と上からの木格子で段板を支える意匠にしております。
理由は2階の廊下の手すりから子供が飛び越えて階段に落下することを防止すること
階段から中庭のロケ-ションを意識すること
1階のホールから親桁が二本も並べるとゴッツク見えてしまうからです
ちゃんと出来るか結構どきどきしています

下駄箱ベンチの脚の検討です。
当初計画の脚の位置では下駄箱ができないのではないか・・・
という指摘を山口木工さんから頂戴したので、
モデリング検討しています。

脚を見せないように・・・浮いた感じにしたくて・・・検討しています。

  • -
    コピー

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!