定例です KI-HOUSE

消費税の関係で、かなり仕事がバタバタしていて、今月が山場になります。
昨年末からご相談受けていた、福祉施設の提案など、昨年から手つかずになっていて、本当にご迷惑かけていますが、来月から、何とか提案できそうです。本当に申し訳ありません。


さて、午後から弥富市でリノベ-ションをしている現場で定例になりましたので、打ち合わせに伺いました。間取りの関係で、数本柱を抜きました。その材料で、何とか、いろんな個所で使えないかと、検討します。

床の高さの納まりや、壁の納まりなど、いろいろ検討しました。リノべ-ションするとき、お客さんの許容があると、臨機応変にいろいろ対応できて本当に面白いと思います。

これは、いったん柱を外して、再度ほぞ入れして化粧使いで、大壁納まりを真壁で納めることができないかを検討しています。




この記事を書いた人

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします