伊丹十三記念館 見学

名古屋からセントレアに移動し飛行機で松山に移動し
レンタカ-にて、いざ四国巡りです。
初めて伊丹十三記念館に見学によりました。

中村好文氏の建築は、私は初めて見学いたします

外観は開口部の少ない軒の出た真四角の建物です。
遠くから見るとブラックですが、近くから見ると焼杉の羽目板に押縁という材料の使い方でした。

 

ロビーに入ると中庭が迎える。
中庭ですが、非常に落ち着いた空間です。

撮影可能な展示室ですが、引出の取手など撮影しました。

テ-ブルの背もたれの写真です。

軒裏がブラックの時の外観のイメ-ジの参考に。

この記事を書いた人

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします