テーマについて

  • -
    コピー

おととしくらいから悩んでいるのが

検索サイトにのせる、PRとかすまいに関する考え方とかすまいにかんするテーマです

僕みたいな頭ではこういうことを体系化することはなかなか難しい

照れくさい部分も若干ありますが、なんかホント良くわかんないです

でもこんなんじゃいけないといつも思っているので

少し整理して考えたいと思います。

まず

家族や家庭と すまいとは必ずしも直結しないです。

というのは独身の人も家を持つからです。

また子供というカテゴリーも夫婦二人のすまいという

事もあるので、こもち家族=すまいというのは短絡的です。

とりあえず自分自信の事を考えたいと思います

あまり夫婦仲は良くありませんが一応妻と

子供二人います。

建築業界では

労働基準法度外視したような労働時間

休みもほとんどなし

ほとんど毎日午前様ひどい時は朝帰り。

当たり前といえば当たり前なのですが

毎日しっかり家に帰ります。

この状況で

自分自身家族に何を求め

すまいに何を求めてるのかサッパリわかりません。

家族に何を求めるのかは今回の主旨とは違うので

とりあえずすまいに何を求めているのかを考えてみたいと思います。

家に帰る目的は、

子供の顔を見なくちゃならんし

食事もしたい、

お風呂も入りたい

とりあえず人間なので布団の中で寝たい、

着替えもしたいので

自分の所持品はこの家にある。

そして何より、寝る前にビールを飲みたい。

多分僕は一日の幸せのひと時はこのビールを飲む瞬間といえる。

こういうのが人間の帰巣本能かもしれない。

うちの家族といえば、多分同じような感覚かもしれない。

家はこういう受け皿かもしれない。

幸せのひと時のビールの件であるが

楽しいことと幸せなこととは似ているようで違っていると思う。

楽しいの類義語は 面白い ご機嫌な 愉快 

幸せの類義語は ここ地よい 安堵 なごやか

という感じでした。

ゴルフをするときは楽しいとか飲みに行くと楽しい

という感じで自分の中ではストレス発散的な要素

動と静

外と中

みたいな感じ・・・

すまいに楽しい事を求めているわけでもないかもしれない

ということで今日のところすまいにもとめるカテゴリーは

受け皿、巣、静か、中、和やか、心地よい、幸せ、落ち着く

みたいなところですか

よくわからんなぁ~

 

 

  • -
    コピー

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!