ひまわりパックさんより、用途変更の依頼

  • -
    コピー

先月、清州市のひまわりパックさんより、小牧に就労継続支援A型を作りたいという依頼がありました。

他の事業者さんが、A型として利用されていましたが、建築基準法の用途変更の確認をしてなかったため、今回どのような処理をしようというご相談です。

6月に建築基準法の改定があり

特殊建築物のしばりが、現法令の100㎡より200㎡に拡大し緩和の方向に進みます。

6月までまって、建築基準法の確認をせず福祉施設の開所をするか、デットスぺ-スをつくり100㎡以下として、開所をするかを検討しました。

最終的に、100㎡以下として開所をする運びとなりました。

昨年の9月前後から愛知県の福祉課から、設計者より建築指導課と消防への合議を求められています。

用途変更の確認がないからといって、なんでも良いというわけでなく、合法性を求められているようです。

  • -
    コピー

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします