柊山の家

用途一戸建ての住宅
竣工2009年8月
工事内容新築
構造規模木造 2階建て
敷地面積109.65㎡33.17坪
延床面積95.65㎡28.94坪
設計今井賢悟建築設計工房
施工有限会社 高橋建設

ここ数年愛知県の三河では急速に区画整理すすんでいる建築地は区画整理地から取り残されたようにのこった高低差のある 30坪ほどの敷地である。

西側は16mの幹線道路であり、東側、南側の隣地は将来にわたって手がつけられることのないうっそうとした森である。

そんな敷地の高低差 借景を利用したスキップフロアーの家である。
玄関を中心とし左右に二層のフロアーを作り高低差の解決をはかった。
 内装は シンプル ナチュラルな色合い
牧歌的な納まりを意識して作り上げている。