triangle-house

用途一戸建ての住宅
竣工2020年8月
建築地愛知県瀬戸市
工事内容新築
構造規模 木造2階建て
敷地面積 177.40㎡ 53.66坪
建築面積 69.51㎡ 21.03坪
延床面積 125.35㎡ 37.92坪
設計 今井賢悟建築設計工房
施工 藍いろ工房株式会社
暖炉近藤商店
空調工事忠栄設備
撮影建築写真店 渡辺亮太

愛知県瀬戸市にある定光寺
山林を切り開いた敷地で広い。
市街化調整区域であり、分家申請となるが
実家の南側で建築可能な敷地は50坪強の三角形である。
実家の日当たりを配慮し敷地いっぱいに南側に寄せた三角形の建物を建てるようにした。

東側は うっそうとした森でありそちらからの日当たりはあまり期待できそうもない。
自然との融合という考え方もあったが 状況から融合を選択できそうもなく
隔離という判断し開口部をほぼ設けていない。
ただ樹木の高い部分にある新芽はとても美しく その部分にだけ開口部を設ける。
その開口からの朝の光はとても美しい。

玄関からアプロ-チされる低い天井の白いシンプルなロ-カを抜けると
構造材表しの荒々しい高天井であるLDKに入り、対照的な空間表現となっている。
ところどころに小さな吹き抜けを配し、二階への連続性を表現している。

二階には オ-プンな将来的な子供部屋 そこからスキップされた寝室に入る
その空間は 三角形の頂点に向かって構造材が伸びていく。