ごあいさつ

 建築を学び、建築の仕事をするようになってから、すでに30年の月日が経とうとしています。
 会社に入り勤めていた時には、建築デザインをはじめ、現場監督・住宅営業と様々な仕事に、携わっていました。

大きな会社に入社し、その後いろんな声も頂けました。
「うちに来ないですか?」 でも仕事もまだよくわからなかったし、入社したからにはちゃんと仕事を覚えたかった。

 でも ずぅ-と、“妥協した”と感じたんです。
このまま会社の中にいて家づくりを行なっていくべきなのか?
こんなん作りたかったのだろうか?
毎日ノルマに追われ、クレ-ムと闘いな
がら苦しんだわりには、正直建てた家を見て満足できなかった。

なんか建築をあきらめてました。

でも、結局建築を捨て切れなくて会社を辞め、新しく入った会社で建築家っぽいこともして、建築以外のこともいろいろ覚えました。

でも、やっぱり企業なのですね。毎日ノルマに追われることには、変わりはなかった・・

結局独立してフリーになっちゃいました。

家庭もあったし、食べていかなくちゃならないし最初から、仕事があるわけでないので下請け仕事をしたりして、そのうちいろいろお声かけていただくようになってきて最近なんとか形になってきました。

人の住む住宅建築は長距離マラソンのように苦しく大変なものだと感じています。
でも、最後、やっと、完成して写真撮影するとき、なんともいえない、安堵感に包まれます。
このときやっと、報われた感になります。独立を決めたのは、現状に満足できなかったことと、可能性はまだまだあると信じていたかったから。
カテゴライズされるのも自分は違うと思ったからです。
私自身もまだまだですが これからも日々勉強を怠らず、素晴らしい空間を創り続けたいと思っております。

かんたんな自己紹介

お客さん 「 今井さんにお願いするなら やっぱ、塗り壁だよね 」
とか
お客さん 「 ここんとこは、こんな感じにしてほしいけど、今井さんなら、いちいち 細かいこと言わなくても良いよね 」

私  「 そうそう言う感じのところ いつも お客さんに 私から こんな風にしてほしいと お願いしているので
大丈夫ですよ!! 」

という 会話が最近 お客さんとできるようになりました。

また ショ-ル-ムの担当者さんや施工会社さんが お客さんに説明するとき

「 今井さんの建物なら この質感の材料の商品が 良いですヨ!! 」

「 今井さんツヤケシが好きだから、3分つやぐらいで 良いと思うよ 」

と、言われるようになりました

少しばかり 自分のカラ-が出てきたのかな・・・と、自分で思えるようになりました。

わたしの強み

調整区域なんかは不得意
宅造は不得意
銀行とのやり取りは ちょっと 
ということは 小さな設計事務所で、ありがちです

独立当初 仕事がなかった時、開発など許認可の仕事をしてました
それに伴い レベル測量機、光波測量機等 測量事務所が使用している器具を所有し
今では、高低差のある敷地変形敷地なんかの初期提案にとっても助かってます。
許認可をしてたおかげで、調整区域の事前協議も、得意です。
アトリエ事務所の所長としては珍しく、大手のハウスメ-カ-で営業の経験もあり、
銀行のやり取りも行い完成間際になると 借り入れや登記など段取りも
他 アトリエよりも スム-ズ、かと自負しております。

案件が増えてきて最近、自社であまり 省エネ計算 構造計算をするということもなくなりましたが
当初は、自社で省エネソフト 構造ソフトを導入してました。
省エネ計算 構造計算部分も 丸投げをせず、そこそこ検討してアウトソ-シングしています。

木やコンクリ-トや石 質感のある材料は大好きです
質感のある材料って野暮ったくなりがちですが、そんな質感のある材料をスマ-トに納めていきます。

また、弊社は小さい設計事務所ですので、お客様は私という所長と対峙して打ち合わせを行ってます。

わたしの弱み

小さな設計事務所ですので
たくさんのお仕事や大規模案件、とても急ぎのお仕事はお引受できないことです。
業務が忙しくなると、遅れがちになってしまいます・・・

また、少しばかり年も行きましたので、若さがなくなってきました・・