建築を学び、建築の仕事をするようになってから、すでに30年の月日が経とうとしています。
 会社に入り勤めていた時には、建築デザインをはじめ、現場監督・住宅営業と様々な仕事に、携わっていました。

大きな会社に入社し、その後いろんな声も頂けました。
「うちに来ないですか?」 でも仕事もまだよくわからなかったし、入社したからにはちゃんと仕事を覚えたかった。

 でも ずぅ-と、“妥協した”と感じたんです。
このまま会社の中にいて家づくりを行なっていくべきなのか?
こんなん作りたかったのだろうか?
毎日ノルマに追われ、クレ-ムと闘いな
がら苦しんだわりには、正直建てた家を見て満足できなかった。

なんか建築をあきらめてました。

でも、結局建築を捨て切れなくて会社を辞め、新しく入った会社で建築家っぽいこともして、建築以外のこともいろいろ覚えました。

でも、やっぱり企業なのですね。毎日ノルマに追われることには、変わりはなかった・・

 

結局独立してフリーになっちゃいました。

家庭もあったし、食べていかなくちゃならないし最初から、仕事があるわけでないので下請け仕事をしたりして、そのうちいろいろお声かけていただくようになってきて最近なんとか形になってきました。

人の住む住宅建築は長距離マラソンのように苦しく大変なものだと感じています。
でも、最後、やっと、完成して写真撮影するとき、なんともいえない、安堵感に包まれます。
このときやっと、報われた感になります。独立を決めたのは、現状に満足できなかったことと、可能性はまだまだあると信じていたかったから。
カテゴライズされるのも自分は違うと思ったからです。
私自身もまだまだですが これからも日々勉強を怠らず、素晴らしい空間を創り続けたいと思っております。