BEAK

  • 用途

    : おすまい

  • 工事内容

    : 新築(お建替)

  • 構造規模

    : RC+木造 3階建て

  • 敷地面積

    : 84.18㎡(25.47坪)

  • 建築面積

    : 46.21㎡(13.98坪)

  • 延べ面積

    : 121.50㎡(36.76坪)

  • 設計

    : 今井賢悟建築設計工房

  • 施工

    : 有限会社 足立住建

 

敷地は名古屋市昭和区の旧市街地。
戦争の空襲被害も少なかったため古い住宅が立ち並ぶ旧市街地ではあるが、新しい住宅も混在しており、最近ではマンション新築のラッシュである。


今回は、二軒長屋の片側一軒を解体補修し新築を建てるという計画であるが、夫婦子供二人という家族構成ではなく、本人と両親と成人した娘の4人家族のすまいである。


大人の男性一人女性三人のすまいで、大人女性メインでありプライバシ−を重視しつつ、共用空間、特にキッチン周りを充実することにする。


敷地状況から、3階建てプランとする。

北側の建物が、2階建てということもあり、北側の一部分を削り取ることにする。

また、1Fに父の部屋を配置するが、明るさの関係で軒はなしにしてほしいという要望があり、南面の壁を斜めに削り取ることにする。
そうして、建物の形態を決定した。

東側は4階建ての事務所兼住宅で、西側は長屋の一部ということもあり、中庭以外の東西開口部は最低限とし、南面は大きな開口部を配置する。
クライアントは、当初空調機器による全館空調を検討したが、機械室の確保が難しいことから、機械室不要な「パネルシェ−ド(輻射式冷暖房)」を採用することにした。

「パネルシェ−ド(輻射式冷暖房)」を採用することにより、一階の玄関から、三階の廊下まで区切ることなく、空間をつなげる。

また、浮遊した階段の段板は、2階南面大開口部からの光により、フラットな壁面に、時間によって変化する、陰影を与えている。