高低差 進入路がない敷地

  • -
    コピー

昨日地対協と日建コンサルの方の主催の液状化対策のセミナーに出席しました。

20130927121022897

 

 

 

 

 

 

 

 

メインはスーパージオ工法でした。

建物の重量と同等の地盤を取り除きかわりにスーパージオ材

を敷き詰めて地盤を軽くし、建物の支持力を確保する置換工法です。

また地震時に発生した過剰間隙水を一時的に保水し、液状化対策としても

効果を発生します。

というものでした。

これだけではよくわかりませんね・・・

ただ杭打機が必要なく置くだけなので

狭いところ 高低差があるなど重機が入らない敷地にはもってこいらしいです。

最近お客様から、地盤補強するのはよいけれども

建て替えるときこのコンクリートの塊である表層改良や柱状改良

どうするのと聞かれます。

もちろん撤去になります。 大変です。としか答えられません

鋼管杭やスーパージオ工法の場合は現況復旧は楽そうです どうもよさそうです

ただ値段が・・・・いつもここが問題ですね・・・

ついでに自宅の震度や液状化調べてみました

震度5強  液状化の可能性は低いということです

サイトはこちらで調べました

  • -
    コピー

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!