間取決定 triangle-house

先日クライアントと打ち合わせを行い、ほぼ間取りが決定しました。

調整区域であることから、分筆、建築許可 分家の申請に入ります。

分筆のほうは、瀬戸市の加藤測量様

建築許可 分家のほうは、長久手市の堀場測量様に依頼をいたしました。

外壁は、焼杉を提案しました。予算の関係で実現できるかどうかですが、建物的に役物を使用しずらいため焼杉を使用したいです。

内壁は、壁をEPで、天井を構造表していきたいです。

建物の形態が、三角形であるため団扇のように、構造を組んでいきたいと考えています。

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします