建築基準法の改正と消防の協議

  • -
    コピー

昨日 建築基準法の改正がありましたですね!

特殊建築物の取り扱いが 100㎡以上 から 200㎡ 以上になりました。

よって200㎡以下の用途変更では 建築確認申請が不要になりました。

で 本題の

昨日の消防の協議ですが、

今回のご依頼は

既存は 1階倉庫 2階事務所 の 3戸1で 約 440㎡程度の建物ですが、

そのうちの一部である1戸を賃貸して就労系に用途変更したいという依頼です。

(用途変更面積は200㎡以下なので 建築確認は不要です)

1階 2階 消防上有窓階

16項ロの 16項イに掲げる複合用途防火対象物以外の複合用途防火対象物にあたる

当たり前に

500㎡以下で 今回誘導灯がない・・(消防署 予防課より要求される場合もある)

自動火災報知設備がない・・・

だけど

今回 就労継続支援をいれてしまうと

16項のイになり 自動火災報知器 誘導灯を 建物全体に 設置しなくては ならない

100万円越えの消防設備である

賃貸するかやめるか考えどころです

だけど

2階建ての2戸1 3戸1で 300㎡以下の 1階倉庫で2階事務所という物件がほぼない・・・

2階建ての一戸で 1階倉庫 2階事務所 という物件も なかなか見受けられない

500㎡超えたら自動火災報知設備ついているけど 多分 物件ない

障害福祉サ-ビスの賃貸は、オ-ナ-さんが嫌がるケ-スも多々あり

本当に ほぼ適法に建築され、適法に使用されている物件も少ない・・・

本当に 開所も マジ 一苦労です

  • -
    コピー

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします