富士山世界遺産センター 見学

愛知建築士会瀬戸支部での研修旅行 11月15日 11月16日 
2018年度静岡と神奈川の建築を楽しむ湯河原温泉です。
ねむの木学園こども美術館の次に伺いました。
山の中にあるのかなと想像してましたが、富士宮町の町中にあります。

神田川観光駐車場に車を停めて線路をくぐるとすぐに
富士山世界遺産センターがあります。

水面に建物が映り込むということでしたが、時間的に映り込みがほとんどありませんでした。
水盤の水がきれいで清掃が行き届いてることが、想像できます。

この木格子は富士ヒノキを利用しているということでしたが、
設計者が意図して、使用したのか、クライアントの要望だったのかを
聞いてみたいところでした。

内部まで、木の格子が、ガラス越しに突き抜けている感じです。

逆円錐の外側に面したスロ-プで屋上まで登っていきます。 屋上は、富士山の風景を切り取ったような感じで、演出です!!

この記事を書いた人

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします