先日飲み会がありました

  • -
    コピー

先日大曽根で飲み会がありました

今回の飲み会のメンツは 元建築士会の瀬戸市部青年部??

順不同で 堀場の浅井さん ボールズの伊豆倉さん 松原設計 Mクラフト 内木さん

確認検査愛知の伊藤さん 

弊社の木原さんとHPを作成

していただいている アババイの山口さんと坂本さんでした。

初めて真面目で高気密高断熱の住宅ん0お話をしたのでその時の話を書きたいと思います。

高気密高断熱の住宅は窓も閉めて密閉されていて体に悪いということ

全館空調では建物の内部の温度が一定で暑い寒いが感じられて体に悪いということ

高気密高断熱の住宅は 締め切ってエアコンばかりを使用しているイメージがついているという

感じを受けました。

おそらく高気密高断熱を採用されたお客様はこのような使用方法をしていらっしゃるのでしょう。

世の売り文句として、本来の目的では世に普及しずらい(わかりにくい)ので、

売り文句を普及しやすくPRした結果、業界の人々さえこのような

誤解を招いているかと思われます。

高気密高断熱だからと言ってエアコンばかり使用しなくてよいと思います。

暑ければ窓をバンバンあけてもらえばよいかと思われます。

高気密高断熱の住宅の断熱性能が高いので 太陽の輻射熱が内部に入りずらいので、

良いかと思います。

あまりに暑い場合はエアコンを使用するかと思います、

高気密高断熱の住宅はエアコンの効率はあがるので省エネになります。

このとき土壁は健康的で建物によいという意見も出ました。

私はこの意見には大いに大反対です。土壁は中性で湿気を吸いやすいので、

カビの温床になりやすくシックハウスの原因となります。

(梅雨時の土壁を施工をするともう大変です)

飲み会でこの話をすると大変なことになるのでやめました。

ちなみに 外壁の土壁外部側に外断熱を施し

内部側は真壁納まりで漆喰塗りの場合、

室内側に湿気を吸放出しカビの発生を防げるので

良いかと思われます。

  • -
    コピー

この記事を書いた人

kengoimai

kengoimai

イマイケンゴ
愛知県名古屋市で今井賢悟建築設計工房という建築設計事務所を営んでいます。ハウスメ-カ-やディベロッパ-に勤めていたけれど、30半ばにして、フリ-ランスとなってしまいました。
なにとぞよろしくお願します!!